【ダイヤモンドバックテラピン】気温が下がってきたので屋内オープン水槽へ引っ越しました

ダイヤモンドバックテラピン
スポンサーリンク

我が家のノーザンダイヤモンドバックテラピンの『チャッピー』と『ジャッピー』ですが屋外が冷え込んできましたので室内に引っ越しです。

今年はまだ1歳ということで屋内で様子を見ることにしました。

金木犀の匂いやら秋を感じてきましたが近所の小川の紅葉は赤く染まっていませんでした。紅葉は11月下旬頃ですかね。これからどんどん冷え込みそうですね。

スポンサーリンク

✏️屋外の様子

日中の気温も15℃前後と冷え込み日光が当たっても水温は上がらず、ほとんどの時間を水中で寝て過ごすようになりました。日光が全くない曇りや雨の日は餌は食べず水中に潜りっぱなしでした。

晴れた日は日光が当たっている時は日光浴をして他の時間はほとんど水中で寝ていました。

稀に泳いでいたりもしましたが恐らく日光浴をし体温が上がった状態だったのだと思います。

日光浴中の体温が上がった時に少量の餌を食べるという生活でした。

低温により免疫力が下がったことで水質が悪いと皮膚病やほか疾病の原因になってしまう可能性があります。越冬にはやはりリスクがついてきます。

もう一回り大きく育てて免疫力と体力がついた来年は屋外で越冬させようかと考えています。

✏️屋内の様子

現在600のオープン水槽で飼育しています。

本当は背景を凝ったレイアウトをしてから屋内飼育に切り替えたかったのですが、太陽の位置が下がり日差しがあまり差し込まなくなったことと気温が思いの外早く急激に下がったので後日落ち着いたら作成する事にしました。

屋内飼育に切り替え安定した環境で毎日餌を食べるようになりました。

水温は24℃一定に保っています。ホットスポットは28℃前後にしています。

バスキングも暖かく気持ちがいいようで何よりです。

水温とホットスポット共に暖かい環境にはなりましたが去年の屋内飼育と行動を比べると活動は控え目です。

冬眠スイッチが入っているのでしょう。もう少し早めの対応がベストだったかもしれませんが今後経過観て対応しようと思います。

昨年と比べ活動は控え目ですが、屋内飼育に切り替えた途端に交尾行動をするようになりました。

低温の環境にいたことによって季節を感じて発情期に入ったのでしょう。

『ジャッピー』『チャッピー』共にオスなのが惜しいです。。。

今年もノーザンダイヤモンドバックテラピンをお出迎えしていずれはペアで繁殖させる事が今後の目標です!

次回はオス同士ではありますが撮り損ねた交尾行動の写真なんかも載せられたらいいなと思っています。

ツイッターで写真や動画を頻繁に投稿しているので、よければフォローお願いします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました